学校法人 鈴蘭幼稚園

トップ > 鈴蘭幼稚園って? > 前月までの園長のことば

前月までの園長のことば

すずらんの花2021年度
4月5月6月7月8月9月10月|11月|12月|1月|2月|3月|

2020年度の園長の言葉 »2019年度の園長の言葉 »2018年度の園長の言葉 »
2017年度の園長の言葉 »2016年度の園長の言葉 »2015年度の園長の言葉 »
2014年度の園長の言葉 »2013年度の園長の言葉 »2012年度の園長の言葉 »
2011年度の園長の言葉 »2010年度の園長の言葉 »


10月「はずませて」

9月に入り、少しずつ朝晩が涼しくなり過ごしやすい季節となってきました。まだまだ日中は暑い日もありますが、子どもたちは園庭で体をたくさん動かして過ごしています。先日、全園児でバスに乗り、信州スカイパークまで遠足に行ってきました。前日に子どもたちと持ち物や日程の確認をしていると、「早く行きたいな」「飛行機たくさん見れるかな」「滑り台したいな」「どんな虫さんがいるかな」楽しみにしていることが伝わってくる声がたくさん出てきて、わくわくしている様子でした。

当日、おうちの方に「行ってくるね」と言ってお友だちと手を繋いで出発を待つ姿は、すみれさんもいちょうさんもたんぽぽさんも大きく成長しているなと感じました。すみれさんのバスの中では、こんな声が…「昨日、楽しみすぎてなかなか眠れなかったよ」「みんなと虫探しする!」お友だちと一緒に行く遠足、心はずませて待っていたんだなと思います。スカイパークに着くと早速、飛行機がお出迎え。「水色の飛行機!」「車より早い!」目をきらきらさせて見つめている子どもたち。「ぼくが乗ったことのあるANAの飛行機も来るかな」とつぶやく声があり、ここにはFDAが来ることを伝えると「いろんな飛行機があるんだね。ヘリコプターもいっぱい!」と夢中になって見ていました。アスレチックでは、くさりの網や木の枝のようなところを登って、滑り台の所まで行ってみようとしているすみれさん。『ちょっと怖そうだな…』と戸惑っている姿を見て、いちょうさんが「大丈夫だよ。登ったら楽しいよ」と声をかけてくれました。すると、少し怖いけど頑張ってみようと挑戦する姿が!そして無事登りきることができると、「できた!楽しい!」と満面の笑顔。「楽しかったからもう1回!先生、見てて」と何度も繰り返しアスレチックを楽しんでいました。

背中を押してくれたいちょうさん、そしてその一言で頑張って挑戦し、楽しさを感じているすみれさん。周りにいるお友だちといっしょに体をたくさん動かして遊ぶことで、楽しさを感じ、より心や体がはずむ経験が子どもたち同士でできるのだと感じた1日でした。幼稚園でも子どもたちがお互いに刺激しあいながら、楽しみながら過ごせるような環境作りをしていきたいです。

文責 胡桃

 

↑ PAGE TOP

 

9月主題「心かよわせて」

2学期が始まりました。暑い毎日、お元気でお過ごしでしたでしょうか。
1学期、年中・すみれさんは転園したお友だち3人を思い出し、「元気にしているかな。」「お友だちできたかな。」そんな気持ちを絵手紙にして送ろう!ということになりました。どんな絵を描いたら喜ぶかな、お花が好きかな、虫が好きかな…3人それぞれに心を込めて描いていました。絵手紙は、“おてがみさんぽ”と称して、みんなで郵便局まで出掛けて行き、切手を買い、わくわくしながら郵便ポストに投函しました。東京・奈良・徳島…。遠くにいるお友だちに届きますように…。手紙はいいです。手紙を投函するまで、投函した後、相手を思いながら過ごせます。会うことはできないけれど、繋がっていられることを感じられる“心”というものを、神さまは私たちにそなえてくださったことを実感しました。「元気でいますように。」「自分たちと同じ恵みがお友だちの上にもありますように。」キリスト教保育は目に見えないものを見る、感じる保育です。子どもたちの目には、見えないお友だちが見えているのです。

後日、絵手紙を受け取った3人から、お返事が届きました。その嬉しかったこと!子どもたちは大喜びでした。手紙の中には、写真が入っていて、今元気でいることがよくわかりました。「何だか大きくなっているね。」とすみれさん。ここにいるみんなも間違いなく大きくなっていますよ。体も心も。
絵手紙の経緯をおうちの方々にもお話しましたら、子どもたちと同じように喜んでくださいました。それがまた嬉しいことでした。

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい
ヨハネによる福音書13章34節 9月に与えられた聖句です。

子ども同士、子どもとおうちの方、おうちの方同士…神さまが出会わせてくださったことに感謝し、今学期も年次の枠をこえて、交わりを持ち、互いに影響を受け合い、心かよわせて過ごしていけたらと思います。どこまでも高い青空の下、今日からまた園内では、子どもたちの活気あふれる声が響き渡ることでしょう。まだまだ暑い日は続くことと思いますが、雲の変化・風の変化・虫の音の変化・月の満ち欠けを感じる素敵な9月です。

文責 塩原

 

↑ PAGE TOP

 

8月「祈り合う」

今年の年長児キャンプは、コロナ禍でかつ雨模様という事もあり、一日目は林業センターで過ごし、その後は幼稚園で寝泊まりをしました。キャンプ活動は、「その日だけ特別な日。楽しく過ごそう」といった活動ではなく、むしろそこまでの準備段階があるから楽しく、豊かな育ちがあるといっても過言ではありません。
事前活動の中で係を考えます。教師が決めるのではなく、子ども達が大冒険キャンプ(今年はそう呼びます)に行きたいという気持ちを持ち、昨年の様子を写真などで見る中で、「こんな係があったら楽しく過ごせるのではないか。」と考える係です。

当日・・おやつ係がハートの形のランチョンマットをはじき絵で作ってくれました。ご飯係は、スプーン・箸・お茶配りと配膳準備をし、考えたクイズをしてカレータイムは大盛り上がり。
キャンプファイヤー係は、「雨で濡れると燃えなくなるといけない」からと、段ボール箱の中に薪を井形に組み準備してくれ、雨間に、「それッ!」とばかりに外にセット。手作りトーチで点火し、無事キャンプファイヤーができました。体操係は、「朝、皆の目が覚めるように」と体操を考え、そのお手本を見て体操、ダンス。お祈り係は、その時々の出来事を織り交ぜてお祈りしてくれました。その場で考えことばにするので、とっさの判断が必要。どの係も心を込めてお仕事をしてくれました。
大冒険キャンプは、いちょうさんが互いに思い合い、「仲間のためにしてあげたい」という共同意識や、「もし自分がいないとみんなが困るんだ」という責任感の育ちが感じられる活動です。お家の方から一日離れて過ごす事を通して、おうちの方もお子さんの事を祈り、ドキドキしながら過ごした一日だったのではないでしょうか。

二日目の早朝礼拝で、『樫の木の頑張りマーク』というお話をしました。(お話中略) 「それって年輪の事?」「そうだよ。いちょうさんにも、きっと外側からは見えないけれど神様がくださるがんばりマークがついていると思うよ。大冒険キャンプまでの間、『みんなのために自分ができる事何かな』って考えて頑張ってきたからね」
礼拝後ある子が、「先生達はみんな、すごくすごーく頑張っているから、丸(マーク)がいっぱいだね」と伝えてくれました。教師も子ども達から思われ、励まされていることが身に染みた時・・・。思い合い、祈り合って過ごす中で豊かな実りを感じた二日間でした。

8月は終戦の日を覚えて、戦争について考える時間を持ちます。今なお、世界各地で起こっている紛争、飢餓。コロナウイルスにより窮地に追い込まれ苦しみの中にある方々。手助けを必要とする人たちがたくさんおられるという現実に無関心にならず、自分たちにできることを見つけ出したいと思います。子ども達の心は柔らかくしなやか。「知っていて欲しい」「覚えていて欲しい」そんな思いは、何か子どもの心に引っかかるものがあるようです。のびのびとした、子どもからの発想を大切にする時間とともに、大人が、「大切にしたいこと」を伝える時間も夏休みの間に作れるといいですね。平和を教えてくださった神様が、私たちにも平和を作り出すことを望まれていることを覚え、祈り合う時を持ちながら。

文責 園長 古川

 

↑ PAGE TOP

 

7月「心ゆくまで」

今年初めてスプリンクラーを使い、水あそびを楽しんだ子どもたち。初めて見たスプリンクラーに「なんだろうこれ…?」と興味津々で近づくたんぽぽさん。その姿を見ながら、「近づいたら水が出てくるんだよ…!」そう分かっていながらも、にこにこで近づいていき、案の定、水が出てくると嬉しそうに逃げていくすみれさん・いちょうさん。水あそびのあとは、たくさんできた水たまりに寝転がって、「さっきのお水は冷たかったのに、こっちはあったかいね」不思議さと共に全身で泥の感触を味わいながら、穏やかな時が流れます。

梅雨の時期が近づいてきた頃。「カタツムリいるかな~?」畑に探しにいってみると、「土の中にいるかも!」1人の子が教えてくれたので、ドクダミの葉っぱの近くをシャベルで力いっぱい掘ってみたけれど、土が硬くてなかなか掘り進められません。そこへ水の入ったジョウロを持ってやってきたいちょうさん。「本当はお野菜にあげるためだったけど、いいよ」掘りやすくなるように、そっと地面に水をかけてくれました。1人ひとり違った子どもたちの視点や気づきから新たな発想が生まれ、遊びが広がっていくようでした。

7月の月主題は「心ゆくまで」です。神様が創ってくださった豊かな自然の中で、心ゆくまで遊び、心身ともに満たされる。そんな日々を守り、支えていきたいと思います。

文責 川上

 

↑ PAGE TOP

 

6月「やってみたい」

過ごしやすい季節となり、子ども達も外遊びを思い切り楽しんでいます。
「この花は何ていう花?」「この虫は何だろう?」と多くの事に興味を持ったり、「木登りしたい」「竹馬したい」「鉄棒やりたい」など、やってみたいことに挑戦したり、する姿もあります。

保育者として、子ども達のやってみたいという気持ちを大切にした保育をしたいと思っています。子ども達のやってみたいには、「この遊びやってみたい」「一人でやりたい」などたくさんあります。また、中には少し危ないのではないかと思ってしまうことや、すぐに実現することが難しいように思うことがあります。例えば、太鼓橋や木登りなど落ちたら危ないと思ってしまいます。しかし、全てを危ないからやめておくで良いのかと考えてしまいます。危ないことにも大人の手を借りて挑戦することで、子どもたち自身多くの事を学ぶと思うからです。また、すぐに実現することが難しいことでも、どうすればできるのか試行錯誤することが、大切に思います。

その為、やってみたいことを我慢させるのではなく、できるだけ挑戦させてあげたい、その様な環境を整えてあげたいと思っています。

幼稚園生活の中で、多くのやってみたいことに挑戦をし、成功や失敗の中で学びを深めてほしいと思います。

文責 原

 

↑ PAGE TOP

 

5月主題「動き出す」

それぞれに期待と緊張をもった新年度の始まりから、2週間が経とうとしています。
「初めての集団生活」「初めての友だち」など、たくさんの「初めて」を経験しながら、幼稚園という小さな社会へ通い始めたたんぽぽさん。いちょうさんとすみれさんも、この初めての日々を積み重ねて、今の園生活が子どもたちの日常となってきていることでしょう。

春の暖かな陽ざしに、園庭の草木が緑になり花を咲かせ、アリやダンゴムシも姿を見せ始める季節になりました。命あるものがこの時を心待ちに、一斉に動き始めたように感じます。子どもたちも、陽気な陽ざしに誘われ、豊かな自然の美しさに惹かれ、外で過ごすことが増えてきました。コロナ禍の中で生活様式が大きく変わった一年ですが、自然の姿はいつもと変わらず、私たちに癒しを与えてくれています。その中で子どもたちは、鬼ごっこや運動遊びに挑戦をしたり、草花や虫に直接触れたり、風の音や鳥の声に耳を澄ませたり―。のびのびと体を動かしている子がいれば、ゆったりとその時を見つめ心を動かしている子もいます。

「動き出す」ことは、目に見える動きばかりではないのです。安心して動き出す姿は一人ひとり違いますが、様々なきっかけを与えてくださるのが、身近な自然であると思います。こうした自然とともにある生活に感謝をしながら、この5月も穏やかに過ごしていきたいものです。

5月は、全体での礼拝が始まります。礼拝では、共に祈り、さんびかを歌い、神さまやイエスさまのお話に耳を傾けます。ほとんどの子どもが、入園して初めて神さまと出会うことでしょう。「礼拝って、何をするんだろう?」と不思議に思いながらも、保育者がお祈りをする姿を真似て小さな手をぎゅっと握り目をつぶったり、さんびかに合わせて体を動かしたりする姿が見られることと思います。先日、いちょうさんでイースター礼拝をまもると、「イエスさまは優しい人」「悲しくなったときに、いつも近くにいてくれる人」と伝えてくれた子どもがいました。目には見えないけれども、いつも大きな愛に包まれ、守られている喜びを生活の中で少しずつ感じていたのかなと、どこかあたたかい気持ちになりました。目には見えない存在だからこそ、子どもたちの豊かな感性でゆっくりと神さまに出会ってほしいと思っています。

文責 髙附

 

↑ PAGE TOP

 

年主題「共に喜んで」~すべての歩みに中に~ 4月主題「ひとりひとりの名を呼んで」

園庭の木々が芽吹き、コブシが満開。ラッパスイセン、レンギョウ、ムスカリ、パンジーが彩りを添えてくれています。コブシの実、今年はたくさん落ちるでしょうか。「木の名前の由来、今年は実を見て覚えられるといいな。」と思いながら園庭を眺めております。子どもたちの声が響き渡るのはもうすぐ・・・一緒に春を満喫する日を心待ちにして、静かな園で春容を感じる日々です。

今年の年主題です。「共に喜んで」~すべての歩みに中に~
以下の事を大切にしながら一年間を共に歩みたいと思います。
・神様によって命を与えられ、愛されている存在である子どもたち、ご家族、保育者を含めて、この園で出会わせていただいた者同士であることを「共に喜んで」。
・穏やかで心地の良い環境に置かれ、この信州の豊かな自然に抱かれて過ごせることを「共に喜んで」。
・友達や保育者とアイデアを出し合って遊び、生活を創り出すことに心を動かす。その中で子ども同士がつながって仲間になっていく事を「共に喜んで」。
・子どもの悲しみや不安、失敗やぶつかり合い。マイナスとも思われる姿に寄り添えることも喜び。その先に、子どもが知恵を得てやり直したり、一歩踏み出したりしながら、挑んでいく力を信じて待つ時があることを「共に喜んで」。
・子ども一人ひとりの違いを、「どんな働きかけがいいかな。」「家ではこんな様子なんです。」お家の方、保育者共に子どもの日々の育ちを探り、その過程の中で、大人も結びつきが生まれることを「共に喜んで」。

「ひとりひとりの なを よんで あいしてくださる イェスさま
どんなにちいさな わたしでも おぼえてくださる イェスさま」
幼児さんびかⅡより

新たな始まりの時、子どもたち、おうちの方々、教職員、一人ひとりの名前が 呼ばれ招かれたことには深い意味がある事を覚えます。大変な時代にあっても、希望を失うことなく、どんな時にも守り導いてくださる方を信頼し、「すべての歩みの中で、共に喜ぶ」日々となるよう手を携えて進みたいと思います。
どうぞこの一年、よろしくお願いいたします。

文責 園長 古川

 

↑ PAGE TOP